キャッシング会社を比較するならおまかせ下さい。情報をわかりやすく提供します。

予備知識

キャッシング比較ならキャシヒカのホーム >>  予備知識 >>  利息の計算方法

利息の計算方法

キャッシングの金利は実質年率で設定されており、その時々の元金によって発生する利息が異なるため、返済が進むにつれて利息が少なくなっていきます。
借り入れ当初の元金のまま、一度も返済を行わないというケースはほとんどありませんので、最終的な返済総額は借り入れ先のキャッシング会社が設定している金利分よりも少ない額になるのが一般的です。

借り入れを申し込む際に金利の低さを重視してキャッシング会社を選んだという方が多いと思いますが、必要に応じてその都度自分で利息を計算することができれば、完済までの返済計画を立てやすくなりますし、低金利であるといっても少なからず利息は発生しますので、しっかりとした見通しを持って返済するためにも覚えておくと便利です。
主な利息の計算方法は「借り入れ金額×実質年率÷365日×利用期間」となり、よりお得に利用するには利用期間を短くするように心がけ、返済が長引いてしまわないようにすることが重要なポイントです。

たとえば、実質年率12%のキャッシング会社から10万円を借り入れし、30日の利用期間の場合、「100,000×0.12(12%)÷365×30=986.301・・・」となり、借り入れ金額に算出した利息を加えた「100,986円」が最終的な返済額ということになります。
例の場合は30日間の利用期間ですので、決められた返済日に一括で返済したということになり、利息は変わらないままですが、利用期間が長くなると、その分利息が変化していきますので、この計算方法を用いて、おおよその利息を把握しておくようにしましょう。

また、利息の計算方法だけでなく、キャッシングの実質年率に関する主な仕組みも合わせてご覧いただき、身の丈に合ったご利用と無理のない返済計画を心がけてご利用ください。

大口ローンで選ぶ

掲載企業名

QLOOKアクセス解析

ディレクトリ

利息の計算方法のトップへ