キャッシング会社を比較するならおまかせ下さい。情報をわかりやすく提供します。

基礎知識

キャッシング比較ならキャシヒカのホーム >>  主な仕組み >>  実質年率

実質年率

キャッシングのような金銭の貸し付けには利息が生じ、借り入れ金額に規定の利率をかけた金額を元金に加えて返済することになります。
この規定の利率はキャッシング会社によってそれぞれ異なる値を定めており、借り入れ金額が大きければ大きいほど利率が低くなるようにある程度の幅が設けられています。

キャッシング会社が定める金利は実質年率での表示となっており、借り入れ残高が返済によって減少した場合はその都度、借り入れ残高に利率をかけて算出し直すという仕組みが採用されています。
これに対し、以前までは実質年率ではなく、アドオン金利で金利を定めていることがあったために、借り入れ残高の減少に関わらず、はじめの借り入れ金額に利率をかけた利息のまま完済まで返済し続けるという仕組みになっていることがありました。

これらの2種類において、実質年率は「返済するたびに借り入れ残高が減少することを踏まえて利息が変動する」のに対し、アドオン金利は「計算上は借り入れ残高が減少しないと仮定して利息が変動しない」という特徴があり、利息を算出する上で大きな違いが生じていました。
この違いは利用者の誤解を生む恐れがある上に、完済までに支払う利息に差が生じてしまうということで、現在はアドオン金利の表示を禁止し、実質年率での表示が義務付けられています。

このように、借り入れ残高の減少に伴い利息も変動していき、返済後期になるほど金利が低くなるという仕組みになっていますが、中でも金利優遇されているキャッシング会社を利用することで、よりお得な借り入れが可能となりますので、できるだけ金利を低く抑えたいという方は少しでも低金利のキャッシングを利用するようにしましょう。

大口ローンで選ぶ

掲載企業名

QLOOKアクセス解析

ディレクトリ

実質年率のトップへ