父親になるための覚悟である転職活動

都内在住の豊田雅孝さん(27)は、毎日家族のため懸命に働いています。
そんな彼は、奥様が第一子を妊娠した際、ある決断をしました。
それは、「転職」です。

それまで豊田雅孝さんは、居酒屋チェーン店の社員として働いていました。
大学での就職活動がうまくいかず、バイトをしていた居酒屋に大学卒業後そのまま就職したのです。
就職難といわれていた彼の大学時代では、就職が決まらない友人も数多くいました。
当時は落ち込んだものの、居酒屋チェーン店の社員も立派な仕事ですから、気持ちを切り替えて日々頑張っていました。

奥様との結婚は、授かり婚でした。いわゆる「できちゃった婚」です。
豊田雅孝さんは、奥様の妊娠を知った時、心の底から喜びました。
しかしそれと同時に不安に襲われたのです。
居酒屋チェーン店での社員としての仕事は、激務でした。
週に1回あるかないかの休み、深夜遅くまでの長時間労働、割に合わない給料。
そんな仕事環境で、果たして家族を支えていけるのか、どうしようもない不安にかられました。
そこで彼は、思い切って転職活動を始めたのです。
それが豊田雅孝さんにとっての、父親になるための覚悟でした。