工場の電気代カットに衝撃を受け、見積もりを申し込んでみた

年間の電気代が4250万円カットできたといわれると、特別高圧を利用されている方なら衝撃を受けると思います。
私は町工場を経営していますが、このデータをネットで見つけて直ぐに情報の詳細を確認しました。
当社とは規模の異なる、負荷率66%の高負荷施設の、大規模工場の例ではありますが、大幅なコストカットを実現しています。
契約電力は7,800kWで使用電力量合計は年間で約3800kWh、従来の電気料金が年間6億8670万円かかっていたところ、新電力への切り替えで6億4420万円へとダウンし、削減率6.1%、年間4250万円ものカットに成功したというのです。
もともとの電気料金が大きいので金額での比較はしにくいですが、他の事業者では年間145万円、29%ものダウンに成功している例もありました。
これまで既に5万施設以上の高圧・特別高圧施設が新電力への切り替えを行っていると知り、私も直ぐに見積もりの申し込みをしました。
詳しいことは分からない私ですが、見積もりの取り付けの交渉から、最適な新電力の選定と提案まで全て無料で行ってくれるいうので、利用しない手はないと思ったのです。
その結果、当社でも10%のカットに成功できました。
http://koatsu-denki.com/denryoku-change-low-cost.html